お祝いといえば!

『還暦祝い』

 還暦といえば「赤いちゃんちゃんこを贈る」っていう
イメージはあるとは思うんですけど、
何でそれを祝うとか、何で赤なのか?など
詳しいことはご存知ですか?


ちゃんちゃんこ.jpg


 祝われる本人も「60歳だから」位にしか思ってみえないと思うんですけど、
還暦のお祝い自体にも意味があるし、
よく贈られる『赤いもの』にもちゃんとした意味があったりするんですよね。


還暦とは??


 還暦(かんれき)とは、
十二支(十干十二支)が一巡し、起算点となった年の干支に戻ること。


 通常は人間の年齢について言い、数え年61歳(生まれ年に60を加えた年)を指します


 干支(えと)とは、十干と十二支を組み合わせた60を周期とする数詞
数詞とは文法上の数とは異なり、数を表す語のことで、
暦を始めとして、時間、方位などに用いられるものです。


じゅうにし.jpg


 誰もが一度は聞いた事のある十二支
「子」「丑」「寅」「卯」「辰」「巳」「馬」
「未」「申」「酉」「戌」「亥」
の12種類。



 あまり聞き慣れない十干とは
「甲」「乙」「丙」「丁」「戊」「己」「庚」
「辛」「壬」「癸」
の10種類のこと。


 これらを合わせて干支と呼ぶんだそうです。


 干支って・・・年賀状に書いてあったりする動物の事だと思ってました(笑)


最近は『満年齢』


 現在では、数え年に代わって満年齢を用いることが多くなったため、
数え年61歳に代わって、満60歳を還暦とする考え方が一般的になりつつあります。


 還暦と満60歳の誕生日とは本来無関係ですが、
還暦祝いを満60歳の誕生日に行なわれることが増えてきています。


 ちなみに30周年を半還暦(はんかんれき)、
120周年を大還暦(だいかんれき)というそうですよ。
 大還暦まで祝える人っていうのはいるんでしょうか・・・


ちゃんちゃんこの意味。


 日本における還暦のお祝いでは、本人に赤色の衣服(頭巾やちゃんちゃんこなど)を贈ります。


 還暦には干支をぐるりと一周して、生まれた年の干支に戻る、
つまりは生まれた時に帰るという意味があるそうです。


 そのため、かつては魔よけの意味で赤ちゃんの産着に赤色が使われていたということもあり、
赤色の衣服を贈るという慣習が出来たんだそうです。


 最近では頭巾とかちゃんちゃんこだけじゃなくて、下着とかも還暦祝い用に売ってますよね。


色にこだわらなくてもいいらしい


 還暦だからといっても赤色にこだわる必要もなく、
受け取る本人の趣味に合った実用品を贈るほうが、実は喜ばれたりもします


 衣料品を選ぶ場合なら実際の年齢よりも若々しい、多少派手めの物を選ぶといいそうです。
ある程度の年齢になると、ちょっと地味かな?は一歩間違うと老けて見えてしまうので、
下品にならない程度に、キモチ派手めで。


赤色はいいらしい・・・


 赤色はスキじゃない人にはちょっと抵抗がある色かもしれないんですけど、
風水的にも「赤色」は良いみたいですよ。


たいよう.jpg


 赤は朝日のパワーを象徴する色で、元気とヤル気、勇気を与えてくれる色で、
健康運でも、赤はパワーがあるそうです。健康や生命力を表す色なんだそうです。


 風水では健康が優れない人は、赤を身につけるといいとされていますから、
健康を祈りたい人も身につけると良さそうですね。


 黒い下着より赤い下着の方が体温が多少上がるとか上がらないかとかいうデータもあるそうです。
どうせなら良いらしいと言われる物を贈りたいですよね。


めでたいことは皆で祝おう!


 長寿のお祝いは、何度でもお祝したい慶事なので、水引は紅白の蝶結びを使います。


 上段には、「祝米寿」「祝還暦」などと書き、下段には、縦書きで連名にしたり、
子供一同、孫一同などと書くと良いでしょう。


 品物でのプレゼントもいいんですけど、子供一同、孫一同など、
全員揃ってのお食事会や、旅行などを企画してみるのはどうですか?


きねんしゃしん.jpg


 ふだんはめったに揃わない家族(一族)が全員揃って、記念写真を撮るのも
いい記念になると思います。


贈るものにも気遣いを。


 贈るのを避けたいものはといえば、贈り側の趣味をおしつけるものや、好みが分かれるもの、
もらう本人の趣味ではないもの、興味のないもの、サイズの合わないもの、使わないものなど。


 何を贈ろうか迷ったり、どんなプランにしようか迷う場合には
相手に欲しいものを直接尋ねたり、使い勝手を考えて現金を贈ることもあります。


 何よりも相手の趣味や、好みに合ったものを贈ることが大切です。


 受け取る相手によっては「お茶」や「櫛」など、弔事に使われたりする物だという事や、
ゴロの縁起の悪さが気になる方がいらっしゃるかもしれません。
 親しい方以外に贈る場合には注意したほうが良さそうです。


還暦とはいえまだまだ現役!


 還暦をお祝いする日は、誕生日や敬老の日などの祝日でもよいでしょう。
贈り物を送る場合は前日には届くようにしたいですね。


 長寿のお祝いとして一番最初に行われる還暦は、まだまだ現役の年齢です。


 一昔前は還暦を機に現役を引退する例も多かったそうですし、
満60歳を定年とする企業も多かったようですが、
現在では65歳定年の企業も増えてきています。


 まだまだ60歳は現役真っ盛りです。
急に年寄り扱いをしたりせず、大げさなことは避けて、
誕生日に還暦 のお祝いも兼ねて贈り物をする位の方が喜ばれるかも
しれませんね。


 その日を境に、急にお年より扱いされるのもイヤですよね、きっと。


心づくしのお祝いを。


 職場によっては管理職・役職を退く人事制度を導入しているケースもありますが、
基本的なマナーとして、年長者に対する敬意や節度を忘れずに接するようにしましょう。


はな.jpg


 お母さんへの還暦祝いのプレゼントで人気があるのは赤い


 ちゃんちゃんこや頭巾も悪くないですけど、お花の方がスマートかも。
赤い洋服やアクセサリーも良さそうですよね。


モノにこだわらなくても・・・


 ご両親への「還暦祝い」のプレゼントとして、旅行を贈るケースもよくあります。
国内の温泉旅行などを贈るケースが多く、人気のプレゼントなんだそうです。


りょこう2.jpg


 いつもよりランクを上げたホテルや旅館、もしくはツアーを選択するのが良さそうです。
もちろん日程的に無理のないプランで用意するのは言うまでもありませんが。


 お母さんに旅行をプレゼントすれば、その日だけでも家事から解放されて、いつもと違う
非日常を味わってもらえるので、かなり喜んでもらえるんじゃないかと思うんですが・・・


チョッといいものを選んでみる。


 お父さんへのプレゼントでは万年筆が人気なんだそうです。
PCよりも、手書きで文字を書くことに長く親しんできた世代だからでしょうか?


 還暦のお祝い用に作られている万年筆があるんだとか。
色は伝統の風習にちなんで、赤色が多いそうです。


 赤色と一言で言っても鮮やかな朱色や、渋みのある赤など様々で、
派手なものや、落ち着いた色合いの中から、イメージや好みに合う万年筆を選択できるそうです。
素材もペン先が21金の貴金属であったり、漆塗りだったりと
高級素材を使っている場合が多いようです。


 自分では買わないチョッといいものも、還暦祝いに良さそうですね。


 忙しかった現役時代にはきっと体験したことがないであろう『エステ体験』なんかも結構人気があるそうですよ。
時間を有効に使える、そんなプレゼントを用意できたら良さそうじゃないですか?


 「おめでとう」「ありがとう」「これからもよろしく」「健康でいてね」など、
色んな気持ちをこめて還暦のお祝いをすることが出来たらいいですよね。


長寿のお祝いは沢山あります。


 ちなみに・・・
日本では還暦以降の長寿のお祝い「祝い歳」がたくさんあります


けいろう.jpg


 還暦が済んだら・・・
70歳で古希(こき)、77歳で喜寿(きじゅ)、
80歳で傘寿(さんじゅ)
 88歳で米寿(べいじゅ)、
90歳で卒寿(そつじゅ)、99歳で白寿(はくじゅ)

100歳で百寿(ひゃくじゅ・ももじゅ)、108歳では茶寿(ちゃじゅ)、
111歳で幸寿(こうじゅ)
 120歳では大還暦(だいかんれき)・・・


と長寿のお祝いは続きます。


 長寿国ニッポン、めでたいお祝いは何度やってもいいものですよね。


<<<前の記事


『退職・退官祝い』


次の記事>>>


『結婚内祝い』

レンタルサーバ