お祝いといえば!

『結婚祝い』

 結婚祝いに贈る「祝い金」のは、結婚披露の宴会に招かれた出席者が
各々に宴会用の酒や肴を持参して集まり祝った事の名残といわれています。


けっこんしき.jpg


 婚儀にまつわる一連の費用を部分負担してあげるという
相互扶助の意味合いがあったんだそうです。


渡す時期


 結婚祝いを渡すタイミング、正式には結婚式の1ヵ月前から1週間前くらいまでに、
相手の都合のよい吉日を選んで本人宅に訪問持参するのが基本のマナーです。


めでたい.jpg


 吉日というのは一番いいのは大安
その次に友引。先勝は午前がよくて、先負は午後が吉日であると言われています。



 カレンダーに書いてありますよね、六曜
最近じゃ細かいことを気にしない人も増えてきて、
若い人の中には六曜の意味すら知らない人もいるようですが、
仏滅、赤口がよくない日だということ位は知っておいてもいいかも。


 結婚祝いだけじゃなくて何かのお祝いを渡すなら
めでたい日に渡した(渡される)ほうが良いですよね。


渡し方の作法とは?


 手渡す時はお盆に祝い金(袋)をのせ、袱紗(ふくさ)をかけて渡すのが一般的です。


けっこんしきうけつけ.jpg


 前もって渡せずに挙式当日に持参する場合は、
受付で袱紗から取り出して「本日は誠におめでとうございます」などと挨拶した後に
金封の下方を相手に向けて差し出します


 スッと差し出すだけじゃダメなんですよ。


 持参せずに送る場合は現金書留郵便を利用します。
その時には「本来なら持参すべきなのですが...」等と一言書き添えて。
挙式後に直接持参する場合は、相手の都合のよい日に訪問するようにします。


 新婚旅行に行ったり、あいさつ回りをしたりと忙しい時期かもしれないので、
相手の都合を最優先にしてあげるのが大切です。


縁起も担ぎます。


 お祝いとして包むお金にも作法があります。


 婚礼の場合、折るとか汚れるなどを忌み嫌うので、
封入する紙幣は出来るだけ折り目や汚れのない新札を使用します。
(銀行で両替してもらえます)


おさつ.jpg


 お祝い事にお金を包むときは、新札を使うのが大人のマナー。
 また包む紙幣の金額(枚数)は、
幸運の数字と言われる3枚・5枚・8枚が良いとされます。


 もし5千円を包むなら五千円札一枚より、千円札五枚のほうが良いことになりますね。


文字数にもこだわりが。


 「祝御結婚」などの表書きの字数も、4や9の付くものは死(四)や苦(九)に、
6は「ろくでなし」に通じると、嫌われることも多いので、なるべく避けた方が賢明です。


 「祝御結婚」は「御結婚御祝」と5文字にするとよいそうです。


ふく.jpg


 中国の古い学説である陰陽説では、「奇数は陽の数字、偶数は陰の数字」といわれるそうです。
偶数は「陰」に当たるので縁起が悪く
奇数は「陽」に当たるので縁起が良い数字とされるそうです。


 一方では、奇数や偶数に関係なく、日本古来の考え方も影響していることも。


 「4・6・9」のような言い回し方を始め、
「1」は全ての事の始まり、「2」は双方が交わる、「8」は末広がり、
「10」は満ち足りて事が成就したなどと言って、それぞれを吉とする説や、
「1・2・3・5・7・8・10」は吉兆の数字で良いとされることなど。


 封入する紙幣の枚数や、祝儀袋の表書きの字数に用いられています。


祝儀袋の包み方。


 表書きは濃い墨(黒色)で楷書で書きます。
うまい下手は関係なしで、丁寧にキモチをこめて書きましょう。


 紙幣は新札を。封入した金額を中包袋の表面中央上あたりに漢数字で、
住所は中包袋の裏面左下に書き入れます。
(中包袋のない場合の金額は金封の裏面左下に書きます)


 祝儀袋の封の仕方も慶弔で違うので注意が必要ですよ。


 慶事の場合だったら中包みを紙の中央に置き、
左・右の順で折り、下側を上側にかぶせます。


 コレは幸せがこぼれ落ちないようにって言う意味もあるんだそうです。


 弔事の場合は上側を下側にかぶせます。
これには不浄なものを上から下へ流してやる、と言う意味があるんだそうです。


 お札は新札だとわざわざ用意していたという感じがよくないそうで、
あまり好まれません。(最近は使い古したお札じゃ失礼だろ?って考えもあるそうですけど)
新札しかない場合には、1度折り目をつけるなどしてあげればいいそうです。


水引にも種類があります。


 水引の結び方には一度結んだらほどけない「結びきり」と、
ほどいて何度も結ぶことのできる結び方の「蝶結び」があります。


みずひき.jpg


 「結びきり」は結婚、お悔やみごとのように二度とくり返してはいけないことに使い、
「蝶結び」は何度もくり返してもよい、一般 的な祝い事に使われるそうです。


 結婚は祝い事ですけど、確かに何度も繰り返してもいいっていうものじゃないですよね。


 ちなみに会費制の披露宴に出席する場合なら、会費がお祝い金代わりになるので、
会費とは別にお祝い金を持参する必要はありません。
  

 会費も金封でなく、白封筒に入れて持参しても特に問題はないそうです。


どんなものが喜ばれるのか?


 お祝いの品の場合、それぞれの思い入れがあって様々なものが贈られるようですが、
大切な事は贈る相手の都合や、どんな物が欲しいかという気持ちに配慮すること。


 親しい方に贈る場合なら、事前に希望の品を聞いてから贈ると喜ばれます。


 品物を贈る場合、結婚式の1ヵ月前から遅くても1週間前くらいまでに、
相手の都合のよい吉日を選んで、本人宅に持参するのがしきたりなんだそうです。
 せっかく贈るなら良いと言われる日に渡したいですよね。


 当日までに間に合わなかったからといって、挙式当日に持参しては返って迷惑に。
そんな時は一言お断りして、後日贈るようにするとよいでしょう。


お祝い品に向かいものアレコレ。


 お祝いの品物を選ぶなら、ガラス製品、陶器製品、はさみ、・包丁などの
「割れる」「壊れる」「切れる」などという事に通じる物は
一般的には避けた方がよいとされています。


 また、数点がセットになったものを贈る場合でも「四つ・六つ・九つ」など、
「死」・「ろくでなし」・「苦」に通じる個数は、出来るだけ避けた方が無難といえそうです。


 食器セットとか見ててもペアセットか5点セットが多いですよね。
うちみたいに4人家族だと1個余るよな・・・なんていつも思うんですけど。

 
 なお、1ダースや1ペアは一組と考えるので、特に問題はないそうです。
ダースは鉛筆でいえば12本。12進法を使うフランスの単位です。


 結婚祝いで1ダースって・・・何があるのか見当がつきませんけど(笑)


相手の希望を尊重してもOK!


 避けたほうがいいといわれるものもありますが、贈る相手に欲しいものを聞けた場合、
希望のものを贈ってあげるのが一番です。


 お料理が好きな人なら切れ味の良い包丁が欲しいかもしれないし、
インテリアに興味のある人だったら、有名ブランドの花瓶が欲しいかもしれない。


 欲しいと思うものをもらえたら、誰だって嬉しいですよね。


一緒に選ぶもよし!


 一緒に選びに行くっていう方法もあります。
サプライズ感はなくなってしまいますけど、確実に喜んでもらえるものが選べます


ショッピング.jpg


 なるべく早い時期に買いに行ければ、式準備に忙しい時期に時間をとらせることもありません。
結婚したら独身の時のようにはゆっくり時間が取れないかもしれません。


 ゆっくりお茶をする時間も一緒にプレゼントできたらいいですよね。


祝電もあります。


 披露宴に出席しない場合には、祝電を打つとよいそうです。


tbra053-s.jpg


 お祝い電報は豪華なもの、押し花の入った物など種類も多いので、
贈る相手にふさわしいものが選べます。
 祝電は115番でも、インターネットからでも手軽に申し込むことができます


 お祝い金を贈る、お祝いの品を贈る、電報を贈るなど
結婚祝いと一口に言っても色々ありますが、
他のギフトと同じように、相手を思って相手に喜ばれる方法で、
おめでとうっていう気持ちを伝えることが、何より大事じゃないかと思うんです。


<<<前の記事


『誕生日プレゼントfor 年下』


次の記事>>>


『出産祝い』

レンタルサーバ