お祝いといえば!

『新築祝い』

 新築祝いとは、新しく家や事務所などを建て、そこでの生活(仕事)をスタートする人を祝うこと。


しんちく.jpg


 新居を建てるということは、人生の中で何度もあることではありませんよね。
一世一代の大きな出来事をお祝いするとも言えそうです。


 新築祝いには、新しい家を建てたことに対する祝福と、
そこで始まる新しい生活を応援するという気持ちが込められたお祝いです。


 新築祝いというのは基本的にはお返しをしないものなんだそうです。


 そのため値段が高すぎると相手の方に気を使わせてしまう事になるし、
逆に低すぎると味気なくなってしまうので、非常にデリケートな贈り物だったりします。


『現金』にするか『品物』にするか・・・


 新築祝いは、こういう場合はこれを選ぶという決まりは特にないようですが、
一般的に親族に新築祝いを贈る場合は現金で、
友人に贈る場合は品物でということが多いようです。


 新築祝いの金額の相場は、兄弟・姉妹なら3万円から5万円、親戚なら1万円から3万円、
友人・知人の場合は1万円程度
が相場といわれています。


 現金を贈る場合、紅白の蝶結びの水引きのついた祝儀袋を使います。


 お祝いの金品の表書きの上書きは「御新築御祝」「御新居御祝」「御祝」などが用いられます。
ちょうど水引の結び目の中央下に表書きよりもやや小さく姓名を書きます。


マンション購入派も増えている。


 新築マンションを購入された相手には、「御新居御祝」「御祝」として贈ります。


モデルルーム見学.jpg


 最近では新居を建てる方よりも、マンションなどを購入して生涯の住まいとされる方が
増えているようなので、新居での新しい生活のスタートをお祝いする気持ちを込めて
「御引越御祝」も良いんですけど「御新居御祝」の方がオススメかも。


贈る相手との立場関係・・・


 会社関係の方が新築されたときのお祝いって結構悩みますよね。


 会社の同僚といっても上司に同期に部下・・・
立場も様々です。


 同期やフラットなお付き合いならば、3,000円から5,000円位がお祝いの相場。


 自分から見て部下の方だったら、5,000円から10,000円あたり。
立場的に少しばかりオトナなところを見せないといけないからですかね?


 上司に贈る場合は5,000円からでも大丈夫ですが、とてもお世話になっている方であれば
10,000円から20,000円というケースもあるようです。


 相手との関係性によって贈る金額も違ってくる。
贈る前にかなり悩みそうですよね、新築祝いって。


時期も選んで。


 贈る時期も大事です。
基本的には新築後、半月から遅くとも1から2ヶ月以内に贈ります。


 新築した家に引っ越してすぐだと、
バタバタと荷物の片付けなどで忙しいでしょうから、
引越し後1週間から2週間くらいたってから、お祝いを渡すのが良さそうです。


 出来れば相手が落ち着いた頃かどうかを確認してからいけるといいかも。


 早すぎず、忘れた頃にならないような時期を狙って渡しましょう。


お祝いに向かないものとは?


 渡すものも何を用意しようか迷いますよね。
贈らない方が良いものもあるそうです。


 「火」に関係したり、連想させるような贈り物は避けましょう
ストーブやファンヒーターなどの暖房器具も卓上コンロなんかも避けたほうが良さそうですね。
 灰皿なんかもNGみたいです。


 応接間とかリビングにおいてある、高級感溢れる大理石で出来てるライターと灰皿のセットは
一見新築祝い向きな感じがしますけど、違うっていう事ですね。


 人気のあるアロマキャンドルも火を使うものなので、避けたほうが良さそう。


 花や観葉植物を贈ることも多いと思いますが、赤い花も避けた方がいいようです。


 『崩れる』『倒れる』を連想させるものも避けたほうが無難なんだそうです。
なんだか縁起担ぎの匂いがぷんぷんしますけど、日本人というのはそういうのが好きな種族。


 新しい家で末永く幸せにというキモチを込める事は確かに大事なんですけど
形式にこだわってると何も選べなくなってしまいそうですよね。


避けたほうが無難なことも。


 他にもこんなことを言われたりします。
上司や年上の方に贈る場合、商品券や現金を贈るのも失礼とされていますので避けましょう」
目上の人に贈るべきじゃないかもしれませんね。


 「マットやスリッパも避けたほうが無難」


 これは、踏みつけるというニュアンスがあるらしく、相手が自分より目上の方である場合、
スリッパやマット類など下に敷いたり、履いたりするものを贈るのは、
厳密にはタブー
なんだだからだそうです。


 もちろん、それがいいと言われれば話は別ですけど。


 インテリアに時計なんかが良さそうですけど、時間を守れという意味合いを持つことから、
目上の方には不向き、目下に贈るのが妥当とされています。
オシャレで機能的なものが沢山あるのに、ちょっと残念ですね。


貰う人の立場に立って・・・


 新築祝いということでインテリア小物を贈り物にする人も多いようですが、
自分の選んだものが住む人の趣味や、新居のインテリアと合っているかなどをよく考えましょう。


 自分の好み=相手の好みではないことのほうが多かったりします。


ぐらす.jpg


 オシャレなグラスやスリッパ、バスタオルなど複数あっても使えるものや
良い香りのする石鹸などの消耗品が喜ばれているようですが、
良かれと思って贈った物がありがた迷惑になってしまわないようにしましょう。


 石鹸だとにおいの好みも人それぞれだし、肌に合う、合わないがあるかもしれない。
敏感肌、乾燥肌の人は石鹸などにも気を使っている人多いですからね。


 厳選された天然素材で出来たものなら嬉しい!っていう人ばかりじゃないかもしれません。
直接肌に触れるものは、選ぶのが難しいと思います。


生活習慣も様々です。


 タオルだって肌触りに関してこだわりがあるかもしれないし、
バスタオルじゃなくてフェイスタオル派かも知れない。


 最近増えているそうですよ、フェイスタオル派が。
毎日家族の人数分バスタオルを使うと洗濯が大変。干す場所とりますからね。


せんたく干し.jpg


 かといって一枚のバスタオルを使いまわすのはイヤだから、
人数分フェイスタオルを使ってるっていう家庭が増えているそうです。


 干す場所を選ぶか、干す枚数を選ぶか、
究極の選択って感じがしなくでもないですけど・・・


 個性の強いものではなく、より実用的で便利なキッチン用品や
日常の消耗品等のほうが喜ばれるかもしれませんね。


 選ぶならやっぱり渡す相手の意見を聞いて選んだほうが間違いなさそうです。
日常使いのものって、デザインより使い勝手重視ですよね。


親しい相手なら!


 友達に新築祝いのプレゼントを贈ろうと考えているなら、
何がほしいのか聞いてみてから買うのが一番いいですね。


おくりもの3.jpg


 一緒に買いに行くのもいいと思います。
本当に欲しいものが選べるし、
他の人と同じ種類の物をダブって贈ってしまうことも防げますからね。


 新築祝いのプレゼントには、メッセージカードなどで一言お祝いの言葉を添えると
より気持ちが伝わります。やっぱり気持ちが大事ですから。


せっかくなので、縁起よく。


 新築祝いを考える時は個数にも十分注意してくださいね。
数は基本的に奇数が慶事なので。
 細かいことなので気にしない人は気にしないでしょうけど、気にする人は気にしますよ。


しちふくじん.jpg


 どうせなら縁起の良い数の方がいいし。
せっかく心をこめて選んだのなら、こだわる部分も大事にしたいものです。


 ちょっとしたことなんでしょうけど、そういうところに気を使えるのも
大人としてのスマートなマナーなんじゃないかと思います。


 本当に必要な物をプレゼントとして選べる目も養っておきたいものですね。


<<<前の記事


『出産祝い』

 

次の記事>>>


『引っ越し祝い』

レンタルサーバ