「お返し」は日本文化!?

『快気祝い』

ありがとう.jpg


 快気祝いとは、病気や怪我によって入院していた人が無事完治して退院した後に、
お見舞いをくれた人に対してお返しをすることです。


 簡単に言えばお見舞のお礼、お返しということになります。


 お見舞いに来てくれた人への感謝の気持ちと、
元気になったことの報告を兼ねて贈ります



昔と今とでは、ちょっと違います。


 以前の「快気祝い」は全快した後に、お世話になった人やお見舞いにきてくれた人達を、
酒肴などの席に招いて元気な姿を見せながらお祝いをすることだったそうです。


 何か品物を贈るという形になったのはまだまだ最近の話みたいですよ。


退院=皆がピンピン元気とは限らない・・・


 退院してきても全快になれている人ばかりじゃないし、
お祝いの席を設けても、当の本人が本調子じゃなさそうだったら
呼ばれたほうもチョッと困りますもんね。


 ホントに大丈夫か?って心配させるのは
どうなんだろうって感じもしなくもない。


 また、お返しをする人も入院中や療養中に心配をかけた人(近親者や親しい人)、
お世話になった人達全員にお返しをするのが正式とされていました。


 昔風のやり方でそれだけの人数の人をお祝いの席に呼ぶのも大変です。


今風はチョッと簡素化。


 現在は『内祝い』『お見舞いお礼』の
品物を贈ることを指すことが多くなった快気祝い。


かいきいわい.jpg


 お見舞いのお返しとして
快気祝いの品物を贈る場合、
品物の金額は
もらったお見舞いの品の半額程度が一般的とされています。


 快気祝いを贈る時期ですが、
退院してからなるべく10日以内に届くように準備。


 退院してもすぐにもとの生活には戻れないでしょうから、
本人が用意できない場合は
家族や近親者が用意してあげたほうが良さそうです。


本人の状況によって異なる表書き


 品物を贈る際につける熨斗の書き方にも注意が必要です。


 退院後に全快している場合は、
表書きに「快気祝」「全快祝い」「内祝」などと記入します。


 退院はしたけど、
まだ病気が残っている場合「退院内祝」としましょう。


 まだ入院が長引きそうな場合でも、先にお見舞いのお返しをすることがあり、
その場合は「御見舞御礼」と書けば良いそうです。


 水引は結び切りを使いましょう。
「1度結んだら切れない」事を表す結びきりは、
病気や怪我のように、「重ねて起きては困ること」を避けるための意味合いに使われます。


 内祝いといってもお祝い事のお礼に贈るものじゃないんでね。


どんなものを贈る?


 快気祝いに贈る品物は「完全に治った」「あとに残らない」という意味合いから、
使いきってなくなるものや消えてなくなるもの、食べてなくなるものが選ばれており、
一般的に洗剤や石鹸などの日用品、お菓子などが多く用いられているそうです。


 職場など、連盟でお見舞いを頂いた場合なら、
小分けになっているお菓子を選ぶと良さそうですね。


 お見舞いを頂いた金額が大きかった場合なら
カタログギフト等で、好きなものを選んでもらえるようにするのもいいでしょう。


無難な送り方とは?


 快気祝いに限っては頂いた金額に関わらず、返礼は一律でも良いとされますが
若い人ならともかく、年配の方の中にはマナーに詳しい方もいらっしゃるので
「半返し」にしておいた方が無難かもしれません。


 元気になった顔を見せてくれて、
お見舞いのお礼を言ってくれるだけでも充分な気もしますけどね、
そう思わない方もいないわけじゃないから、ある程度はきちんとしておいたほうが良さそうですね。


お見舞いを出すときにもちょっとした気遣いを。


 それからお見舞いを出すときには、
快気祝いが半返しだっていう事を頭に置いて
金額を決めたほうがいいかもしれません。


 少額を渡す場合は
「お返しはいらないからね」という一言を添えてあげるのが親切かも。


 お返しを期待して渡すわけじゃないけど、
病み上がりの人に気を使わすのもあんまり良くないですからね。


元気になれる人ばかりじゃない。


 病気をして、入院や手術をして
元気になれる人ばかりじゃありませんよね。


 病と必死に闘っても、残念な結果が待っている場合もあります。


 もしも不幸にも亡くなってしまったときには、包装を弔事用にして、
無地の短冊に表書きを「御見舞御礼」などとしてお見舞いお礼を贈るのがよいそうですが、
お見舞いに来ていただける間柄であれば、亡くなった折りには
弔問される方がほとんどのはずです。


 その場合には、香典と御見舞いのお礼を含めて香典返しを用意します。


 落ち着いてから生前のお見舞いに対しての礼状も忘れずに出しておきます。


病院へはどうすればいい?


 入院中にお世話になったといえば病院の先生やスタッフさんたちですが、
最近の病院では個人的なお礼を辞退しているところが多く、
以前のように先生に商品券などを・・・
なんてことはしなくても良くなってきています。


たいいん.jpg


 それでもお世話になったらお礼をしたいと思うのが人情ですよね。


 小分けになっているお菓子を用意して、
皆さんで召し上がってくださいと渡す程度に、
あまり大げさにならないようにしたほうが良さそうです。


 病院によっては受け取らないところもありますので、
確認してから用意したほうがいい
と思います。


<<<前の記事


『新築内祝い』


次の記事>>>


『香典返し』

レンタルサーバ