日本の四季にGiftあり

『ホワイトデー』

ホワイトデー.jpg


 バレンタインデーにチョコをもらったお返しをする日として
すっかり定着してきたホワイトデーですが、
実はこの習慣、日本、韓国、台湾、中国の一部など
東アジア特有のものであり、欧米ではこういった習慣は見られないんだそうです。


 名前がカタカナだから、ヨーロッパから輸入されてきた習慣かと・・・(笑)


商魂たくましく・・・


 バレンタインデーに女性から男性にチョコレートなどを贈ることが定着するに従って、
菓子業界でそのお返しをする日を作ってはどうか?という案が出されたところが
日本でのそもそもの始まり。


ふくすけ.jpg


 当初はお菓子メーカーが個々に『お返しの日』を決めて
キャンデーやマシュマロなどを売り出したそうです。


 その結果は・・・残念ながら
バレンタインデーほどの盛り上がりは見られなかったんだそうです。



 個々でやっていては盛り上がらないという事で、
全国飴菓子工業協同組合関東地区部会が、キャンデーの販売促進のため
昭和53年に「キャンデーを贈る日」としたんだそうです。


その後昭和55年にホワイトデーが正式に制定されて、
現在に至るんだとか。


猫も杓子も便乗中!!


 いわゆるお菓子屋さんの商戦に皆が乗っている状態なんですね、
ホワイトデーって。


 日本書紀や古事記の記載からは、日本の飴製造の起源がこの日だとも言われているとか。
だからホワイトデー??商魂たくましいって感じがして仕方ありません。


バレンタインデーには歴史アリ。


 片やバレンタインデーの歴史は、
ローマ帝国の時代にまで遡るほど古いものなんです。


 バレンタインデーの紀元となったバレンチノ神父の処刑の1ヵ月後に、
神父によって結婚する事が出来た男女が新たに永遠の愛を誓い合った為という
有力な説もあるとかないとか。


ここ由来のホワイトデーならちょっと説得力もありそうなんですけどね・・・


他にもあるある


 ちなみにこの3月14日他にも記念日があって、
1873年(明治6年)に国際結婚を初めて日本政府が公式に認可した日
でもあるそうです。


 他には3.14の円周率にちなんで1997年に『数学の日』
3.14=π(パイ)ということから2002年に『パイの日』に制定されたりしています。


 なんだか何でもアリな感じもしないでもないですけど、
せっかくなのでホワイトデーのプレゼントに使えそうなもの、
喜ばれそうなものがないか探してみました。


義理か?本命か??


 そうそう、ホワイトデーにもらうお菓子がナンであるかで
『本命だ』『義理だ』なんていったりすることもあるようですけど、
ホワイトデーの起源からしてあまり愛だの恋だのの意味のないものだから
選ぶ物によって何がどうって事もないんじゃないかと私は思うんです。


 まずは渡す相手が喜んでくれるかどうかが大事じゃないかと。


甘い物好き女子多し!


 手軽なところだと『お菓子』


 ホワイトデーはバレンタインデーより渡すものの選択肢が多いと思うんです。
キャンデー、マシュマロ、クッキーなど。
 相手が好きなもの選べそうですよね。


こじゃれた物に進化したものも!


 今は『ギモーヴ』なんていう、フランス語読みでの商品名になっているものも多い高級感漂う感じの
マシュマロですが、これは煮詰めたシロップにゼラチンと泡立てた卵白と香料などを加えて作った
フワフワとした優しい食感のお菓子。


 フルーツのピューレなどを加えて作ったフレッシュな風味を楽しめるものもあったりと、
一昔前の白くて甘いだけのマシュマロじゃぁなくなってきています。


えがお.jpg


 ちなみにマシュマロは英語読み。
材料にゼラチンを使っているので、コラーゲンを手軽に摂ることも出来ちゃうんです。


 美容が気になる人に贈っても喜ばれるかもしれませんね。


実は種類も豊富


 さくさくタイプ、しっとりタイプなど、種類も多いクッキー。


 『クッキー』というのはアメリカでの呼び名です。
イギリスでは『ビスケット』フランスでは『サブレ』っていうんだそうです。


クッキー.jpg


 公正競争規約という全国ビスケット協会の中での決まりがあって、
糖分+脂肪分の合計が40%以上のものが「クッキー」、それ以下のものを「ビスケット」
呼ぶんだそうです。


 市販品のパッケージをよく見てみると面白いかもしれませんね。


 サブレはフランス語で「砂」という意味をもっていて、粉に対してバターの分量が多く、
さくっとして歯ごたえが特徴。フランスにあるサブレという街生まれのお菓子です。


 ヨーロッパでは明確な区別はないようで、クッキー、ビスケット、サブレを区別しているのは
どうも日本だけみたいですけどね。


 種類も多いので選ぶのに悩みそうですね。


甘い物が苦手な人には・・・


 『花』を喜ぶ人も多いですよね。


 生花の花束もいいんですけど、手入れもそんなに難しくなくてきれいが長持ちする
プリザーブドフラワーも人気があります。


 プリザーブ(preserve) は英語で「保存する」の意味をもち、専用の用材を用いて加工した
美しい姿で長時間保存できる花のことです。


 最近では花屋さんでも売られていて、かなり浸透してきています。


長く美しく楽しめます。


 保存状態が良ければ10年以上保存できるんだそうです。
直射日光と湿気に注意が必要なんだとか。


 乾燥しすぎても花びらにひびが入ったりもするそうですが、
ケースに入ったタイプを選べば、管理も手間要らずです。


 また花粉アレルギーの心配がないそうなので、
花は好きだけどアレルギーが心配って人にも喜ばれそう。


 春先は花粉症のシーズンですからね、
花を見るだけでも鼻がムズムズする人にも安心してもらえそうです。


もちろん生花も人気です。


 もちろん花の香りも楽しめる『生花』もいいですよね。


はなたば.jpg


 ホワイトデーに渡すなら、この花はいけないというタブーはないようですが、
相手の好みと、どんなシチュエーションで渡すのか
ここを考えることが結構大事になってきます。


 花は生き物なので、長時間の移動には耐えられません。
せっかく用意しても渡す頃にしおれていては残念すぎますからね。


 持って帰るのに困らないかまで考えてあげる優しさも必要です。


センスが問われますが・・・


 他にもアクセサリー等の服飾品も喜ばれそう。
本が好きな人には本、ぬいぐるみが好きな人にはぬいぐるみも喜ばれますよね。


 渡す相手の趣味に合わせたものを選べると、
喜んでもらえる確立は格段にアップします。


話題性を選ぶということもアリ!


 会社などでもらう義理チョコのお返しだと、力を入れる気になれないかもしれませんけど、
新発売のお菓子や、人気のコンビニスイーツなど
手軽な価格で買える、ちょっと新しい物なんかを選んでみてはどうでしょう?


プレゼント.jpg


 義理返しに高いものを選ぶ必要はないんですから。


 選ぶキモチが大事です。


<<<前の記事


『還暦祝い』


レンタルサーバ