Happy Birthday!!

『誕生日プレゼントfor 子供』

 最近の子供たちは自分の両親、その双方の実家からと
プレゼントをくれる相手が6人はいると言われています。
「6ポケット」なんていうらしいんですが・・・


たんじょうびかい.jpg

 
 何かにつけて物をもらっている状態の子だと、誕生日プレゼントといっても
そんなに感激がないかもしれませんね。



イマドキの子供は貰いすぎじゃないか??

 
 年間通してみてもプレゼントが絡む行事は盛りだくさんだし。
そんな子供たちを喜ばせるプレゼントを選ぼうと思ったら、かなり大変かも。


 金額の問題もありますしね。


 お金にもキモチにも余裕がないと、なかなか難しい・・・
子供の年齢が上がっていくと、それに伴って金額も上がっていくから
結構きつかったりしませんか?


子供の成長は早くて・・・


 子供が小さいうちなら親目線で選べますよね。


 でもそんな時期はごくわずか・・・
あっという間にTVのキャラクターや流行物に振り回されるようになります。


おもちゃ.jpg


「キャラクターの付いたようなものなんて」なんて思っていても、当の本人が欲しがれば
親の意見はさておき、ジジババ経由でやってきたりもします。


 親の願いが届くなる日は、あっという間にやってきちゃうんです。


買い方もイロイロ。


 トイザらスのようにおもちゃ専門店でおもちゃを買うこともあれば
本屋さんで本を買ったり、お洋服やさんで洋服を買ったり。


 実際に商品を手にとって見て買うこともあれば
ネットで買ったりする事もありますよね。


 ネットで買うと料金の比較が簡単に出来るので楽ですよね。
現物をお店で見ておいて、一番安く買えるサイトで買うのも賢い方法です。


おもちゃ屋さん、見かけなくなりましたね・・・


 そういえば・・・街中にある玩具屋さんがめっきり減りましたよね。
子供の頃はもうちょっとあったと思うんですけど。


 トイザらスが普及してから、そういった小売店が倒産していっているのは事実。
価格競争では勝てませんしね。


 トイザらスだけじゃなくて、今となってはネット販売だって種類も豊富で便利。
時代の流れというのは、時に残酷だったりします。


お得にゲットしたい!


 ヤマダ電機、ジョーシン、ビックカメラなど電気屋さんでもおもちゃが買えますよね。


 この手のお店で買うとポイントカードが使えたりするから、
家族連れで利用すればメリットも大きい。


 買い物のついでに、子供が何を欲しがっているのかリサーチすることも出来ます。


 ネットを上手に活用できる人なら、オークションで買うという方法もありますよね。
普段の買い物と一緒で、いい物を少しでも安く買いたいですからね。


 トラブルさえなければ、オークションをうまく活用させるもの一つの方法ですね。


子どもと言っても年齢層は幅広い!


 誕生日プレゼントを選ぶときに大事なのはやっぱり相手が喜ぶかどうか。


けーき.jpg


 一口に子供といっても年齢は様々です。
幼児、小学生、中学生、高校生・・
自分が産んで育てた子供となれば、いくつになっても子供(笑)


 その年齢に応じた物を選ばないと、当然喜んでなんてくれません。
せっかく買っても、お金の無駄遣いになっちゃいます。


低学年くらいなら。


 例えば小学校の低学年くらいまでの子なら
大人が考える実用的なものなんて、ちっとも喜びません。


 キャラクターのおもちゃだったり、周りの子が持ってるのとおんなじ玩具だったりします。


高学年になれば・・・


 高学年になると、DSなんかのゲームやiPodなどの携帯デジタル音楽プレーヤーなど、
一気に大人びたデジタルグッズに豹変したりします。


おんがくをきく.jpg


 もちろん中にはまだまだキャラクターグッズを喜んでくれる子もいますけど、
急に嗜好が変わったりもします。


中学生だと・・・


 中学生になればもう大人顔負けの物を欲しがったりします。


 コレくらいの年齢になれば、早いうちから使えるようになれば将来役に立つだろうからと
ノートパソコンを贈るなんていうこともあるそうですよ。


 うらやましい限りです。


『女子』の場合


ようふく.jpg


 女の子だと服とかアクセサリー類。
オシャレに興味を持ち始める年齢ですからね。


 プレゼントなので、本来なら内緒で用意してあげたいところですけど、
本人がどんなものが欲しいのか事前にリサーチしておいた方が
ホントに喜んでくれるものをプレゼント出来そうじゃないですか?



聞き出すという奥の手も!


 分かりにくかったら「何が欲しい?」って聞いてみるとか。
時期になるとサンタさんに手紙書かせたりしませんか?
「〇〇をください」なんて。


 それを見て各家庭のサンタさんは用意しますよね、本人の喜ぶものを。


 それと一緒でサプライズ感は薄れちゃいますけど
ホントに喜んでもらうためには、リサーチは必須です。


  子供の喜ぶ顔見たいですよね、やっぱり。


<<<前の記事


選べるギフト


レンタルサーバ